目の下のたるみを解決したいなら美容外科へ行こう!

婦人

3つの施術内容

目元

ヒアルロン酸注射や脂肪溶解注射、高濃度ビタミンC点滴など色々な施術方法で、目のクマを取り除くことが可能です。目のクマは睡眠不足で起こると思っている方が多いですが、それだけではありません。皮膚のたるみも関係しているのです。
まぶたの下に脂肪がたまると影ができます。それが目のクマに見えてしまう場合があります。その場合は脂肪溶解注射で脂肪を溶かしましょう。注射をして脂肪を溶かす液を入れると、溶けた脂肪は尿と一緒に体外に排出されます。そして、まぶたの下がスッキリとして影が消えるのです。
また、まぶたの下にコラーゲンが足りないことも関係しています。コラーゲンがないと皮膚のハリがなくなりますし、皮膚が垂れ下がってしまいます。そこでコラーゲンを注入するとハリが復活して目のクマが解消されるでしょう。

目のクマは色素沈着の可能性もあります。そんなときはビタミンC点滴をしましょう。血液中のビタミンCが多くなると抗酸化作用が高くなり、美白効果を得られます。徐々に目のクマが改善していくでしょう。月に2回くらいが目安となっており、定期的に点滴をすればクマだけでなく、肌全体の調子が良くなるかもしれません。

ヒアルロン酸注射や脂肪溶解注射、高濃度ビタミンC点滴はメスを入れる必要がないので、比較的受けやすい施術方法です。施術を受けたことを知られたくない方にぴったりでしょう。手間が掛からない分コストを削減することも可能です。